不動産投資は一棟買いした方が断然儲かる!

積み木

家賃の回収を確実にする

賃貸保証会社は、アパート・マンション等の住人が家賃などを滞納した場合、家主に対して代位弁済を行う事業者です。連帯保証人に代わる、保証代行サービスとして機能します。また、定例家賃の回収代行業的な性格も有しています。

男の人と女の人

適正な家賃を決めるには

家賃相場は、賃貸物件の家賃を決めるうえで重要な参考資料となります。家賃相場はその地域の交通環境や商業施設の有無などで大きく変わるので、これによってバランスのとれた家賃を決めることができます。適正な家賃でなければ、入居率や収益に悪い影響が出てしまう場合もあるので、家賃は慎重に決めていく必要があります。

つみき

不動産投資をはじめる

収益物件は収益化された不動産のことで、不動産投資を行うのであれば、まずは収益物件からスタートするのがベターです。関西であれば大阪に多くの物件があり、また大阪では土地の流動性も高いので収益だけでなく売却時の利益も期待できます。

投資用物件を手に入れる

貯金箱

株式投資で資産運用に慣れてきた人が、次にターゲットにするのは、アパートやマンションなどの収益向けの不動産です。安定した賃料収入が得られる点も魅力的ですが、将来的に土地価格の上昇によって値上がり益も確保できるのが、不動産投資の醍醐味です。しかし購入する物件によって収益性が大きく異なるために、不動産投資をスタートする場合には、慎重に物件を選ぶ姿勢が求められるでしょう。特に小口の資金から始める場合には、一棟売りアパートの中から手ごろな投資対象を絞り込むのが、理想的な手法です。地方では2000万円前後の一棟売りアパートも探すことができますが、建物が老朽化しても安定した収益が得られるのは、大都市にある物件です。また建物のカテゴリーに関わらずに、不動産投資に向いている物件を購入したいときに便利なのは、収益物件に特化した情報サイトです。ビルやマンションなどのタイプ別に、一棟売り不動産が絞り込めるのも魅力ですが、利回りや建物の構造にもこだわって選ぶのがプロのテクニックです。利回り15パーセント以上の木造アパートを選ぶ人が多い一方で、50年以上の耐用年数がある、鉄筋コンクリートのビルやマンションは長期投資に最適です。外壁塗装や大規模修繕を定期的に行うのが、賃貸ビルなどを経営するための基本ですが、一棟売り物件を買う前に建物をチェックすることがより一層重要です。コンクリートや塗装の剥落や、手すりのさびなども丁寧に調べることが、不動産投資に適した物件を上手に見つけるコツです。