不動産投資は一棟買いした方が断然儲かる!

  1. ホーム
  2. 不動産投資をはじめる

不動産投資をはじめる

つみき

収益化された物件を買う

不動産投資にはいくつかの種類がありますが、その中でもわかりやすいのが収益物件です。収益物件は、収益化された不動産のことで、収益化された事業ごと購入するというものです。収益物件としてはアパートやマンションのほか駐車場や土地付き太陽光発電などがあります。収益物件を選ぶ際のポイントとしては、利回りです。利回りは年間の最大収益に対して販売価格を割ったものです。例えば年間の最大収益が100万円として、取得価格が2000万円の場合には年利5%となります。収益物件の中には利回りが15%を超えるようなものもありますが、一般的には8%から10%程度が相場です。高利回りの場合には建物が古いといったケースが多くそのような場合には取得価格が低い代わりに修繕費用が発生する場合があり、購入したにも関わらず新たな出費を強いられる場合があるため、それぞれ物件の状態を見て選ぶ必要があります。収益物件を購入するポイントとしては流動性の高い地域の物件を選ぶべきです。関西では大阪がもっとも立地が良いといえ、特に大阪市内であれば多くの収益物件が販売されています。大阪市内の収益物件を購入するポイントとしては、第一には売却が容易であることです。収益化されているといっても流動性のない地域では買い手が付きませんから、売却する時に結局は取得価格より低い価格で売る事になり、収益化であげた収益と相殺されてしまう可能性があります。その点で大阪市内であれば不動産の十分な流動性があるため、収益だけでなく売却による利益を得るチャンスも増えます。