不動産投資は一棟買いした方が断然儲かる!

  1. ホーム
  2. 適正な家賃を決めるには

適正な家賃を決めるには

男の人と女の人

地域ごとの家賃を参考に

不動産経営において、その物件に家賃を決めていかなければいけません。家賃を決める基準は、その建物の広さや設備なども反映されますが、立地も含まれます。立地が良ければ一般的には家賃は高めとなり、悪ければ低めとなります。このような基準を考慮して家賃を決めていくには、各地域の家賃相場がいい参考になります。賃貸物件のある地域から適正な家賃を決めるうえで、家賃相場を意識するのはとても大事なことなのです。家賃相場は、各地域によって違いが出てきます。都心部などの交通機関が発達した地域では、基本的に家賃が高い傾向となります。反対に、地方になると家賃が安くなる傾向があり、交通機関だけでなく商業施設なども家賃相場に反映されます。そのため、家賃相場に沿って家賃を決めていかなければ、バランスの悪い家賃設定となり、入居率が悪くなるという可能性も出てきてしまいます。周りは家賃が安い物件が多いのに、家賃を高く設定してしまうと、当然家賃が安い物件へと住人が流れ込んでいきます。反対に、立地がいい地域で家賃を安くしてしまうと、人気があるけれども、高い税金の支払いから収益が期待できない状態になります。安定した入居率や収益を望むのなら、家賃相場を役立てた家賃決定を行わなければなりません。この家賃相場情報は、不動産屋サイトで公開されています。日本全国から地域ごとにそれを探し出すことができ、県内ごとに一覧となって比較できるようになっています。これを見れば、どの地域が家賃が高く、家賃が安いのかが一目でわかります。順調な不動産経営を目指すためにも、家賃相場は欠かせない情報となります。