不動産投資は一棟買いした方が断然儲かる!

  1. ホーム
  2. 家賃の回収を確実にする

家賃の回収を確実にする

積み木

債務を保証するサービス

最近、賃貸住宅の募集広告を見ていると「賃貸保証会社利用」という記載のある物件が目立つようになりました。賃貸保証会社は、アパートや賃貸マンション等において、家主に対して家賃等の支払い保証を行う会社です。より具体的に言えば、入居者が家賃等を滞納した場合に、入居者に代わって弁済責任を負うというのがサービス内容となります。なお、家賃等の「等」には、退去時の原状回復費用などが含まれます。世間ではよく、賃貸保証会社のことを連帯保証人代行業者と呼んだりします。連帯保証と代位弁済は法的には意味合いが異なるのですが、実質的には同じように扱われています。そのため、賃貸保証会社を利用している物件では連帯保証人の選定が不要になるケースが少なくありません。賃貸保証会社の利用は、家賃が回収不能になるリスクを低減させるメリットを家主にもたらします。入居者の親などがなることが多い連帯保証人に依存するよりも、債権保全の確実性は高まります。一方、高齢等を理由として身近に連帯保証人を見つけることが難しい入居者にとっても、賃貸住宅が利用しやすくなるという利点があります。なお、家主にとっては副次的にさらなるメリットがあります。賃貸保証会社を利用する際には入居者に対する審査が行われますが、これは通常家主が行う人物調査と重なります。そのため、保証会社の審査をもってこれに代替することができます。また、多くの保証会社が毎月の家賃をいったん収納し、その後家主に納付するという業務スタイルをとることから、実質的な家賃回収代行サービスとして利用することもできます。